母音編レッスン13:farの母音ーforの母音

このままでは中々文章編にたどり着けないのでピッチあげます。母音編レッスン13はRがつくシリーズ第二弾でfarの母音[ɑr]とfor[ɔr]の母音。今回は簡単です。

聞いてみましょう。

farの母音

forの母音

 

この2つの音を含む単語の組み合わせを聞き比べてみましょう。
dark

dork

darkはダークサイドのdark。dorkは「オタク」ですが、「オタク」に相当する英語にはnerd, geek, dorkがあり、geekカッコいい、nerdはgeekのちょっと変バージョン、dorkは頭悪そう、という感じです。geekとnerdのどちらがいいニュアンスかは地域や業界、人によっても微妙に異なるようです。ですが、dorkは通常褒め言葉にならないので要注意です。

nerd, geek, dork診断テストなどいうものもあります。

もう一組聞いてみましょう。
 
park

pork

公園と豚肉、、、間違えると問題ですが、これはまず日本人は間違えないと思います。

 

 
stark

stork

starkは荒涼とした、過酷な、際立った。storkはコウノトリ。

 

 

スペル

forの母音のメジャーなスペルはor(export, north, affordなど)、wの後のar(sward, warp, warmなど)。arのスペルでforの母音は間違えやすいので要注意。warpはSFのワープですがforの母音です。(板などが)たわむ、という意味もあります。quの後のar(quartz, quarter, quartetなど)もforの母音になります。マイナーなスペルにはoar(aboard, soar, roarなど), oar(four, pour, resourceなど)、auraura, laurel, thesaurusなど)があります。

++++

iTunes StoreでListen-ITアプリを購入して耳でテストしながら習得↓

Apps Logo

コメントする

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。